祇園神社

2004.06.13

日南市大字平野




祇園神社御由緒
「神社の祀神
素蓋鳴命 稲田姫命
本殿入口左右の神様は龍神(八岐大蛇)様と水神(水波女命)様です。
この神社は疾病(特に腹痛など)除け 厄難除けの守護神で航海安全 商売繁盛 五穀豊穣 縁結びの神様であり 人々を海難 水難を始め 諸災難から守る神様として広く親しまれています。
神社の沿革
大正12年 油津に赴任された宮崎鉄道管理所長の 星野寅二氏のご尽力により大正13年4月に完成しました 当時三十数名の石工が工事に携わったと云われています。」
広渡川の河口部で国道220号線との交差点から見えます。鳥居の奧は洞窟が延び、その奧に龍神が祀られています。
子供の頃、この洞穴は鵜戸神宮に通じていると思っていました

以上 2004.06.13撮影


約12年ぶりの訪問

鳥居をくぐり岩屋に入ります

この橋はRC製

奥へ進むと

龍の頭

社殿

帰りは脇の通路、昇竜

近くに我が母校、油津中学校
以上 2016.02.07撮影



2週間ぶりの訪問

龍の頭を撮り直し

昇竜
以上 2016.02.21撮影



約1年ぶりの訪問

階段を下り

橋を渡ると

右上に竜頭

奥の本殿

帰り道に見える昇龍
以上 2017.01.03撮影