石橋巡り
(2004年5月9日)

日向市〜北川町〜清川村〜緒方町



1.日向市

2.北川町〜清川村〜緒方町

3.道中で見たもの



昨日の天気予報では今日は大雨でした。その通り雨でした。

大分の石橋を網羅した「伝えたいふるさとの石橋」・宮崎県の石橋を網羅した「宮崎県の石造アーチ橋」著者の岡崎文雄様より、先日貴重な情報を頂きましたので、大まかな場所の見当でもつけるつもりで出かけました。

また、清川村の「深谷橋」だと思っていた橋が「宇田枝井路2号橋」であるとご指摘を受けましたので、正しい「深谷橋」を探す目的で出かけました。

岡崎様から頂いた情報のうち、本日の目的である日向市の2基、日向市美々津の百町原の水路に架かる石橋数基、北川町の2基すべてにたどり着けました。

美々津の百町原は名前も聞いたことがない場所でしたが、美々津にさしかかってからすぐに国道10号線から山手の田んぼの方に入り込み、とにかく水路を探しました。

幸いなことに、道端に「百町原開田の祖 荻原俵三郎翁」像があり、そこが百町原であることが分かりました。そこから伸びる水路を下流にたどると、4基の石橋に出会いました。

日向市の馬溝眼鏡橋は国道10号線に架かる橋ですから、分かりやすいのですが、金山橋は途中で道路が籾木、鵜毛、元村の3方向に分岐していて、勘で鵜毛方面へ進みました。

北川町、清川村の深谷橋もスムーズに見つかりました。

岡崎様、ありがとうございました。

本日の新規14基、合計673基となりました。