石橋巡り
(2004年12月18日)

三重町〜竹田市〜大野町〜大分市〜臼杵市



1.三重町〜竹田市〜大分市〜臼杵市

2.大野町

3.道中でみたもの




今回は4基の石橋に再挑戦ですが、大分市南部の屋形川橋は同窓会があるために時間切れで帰路につきました。

まず竹田市の山手橋では、河川公園に車を止めて、発電所近辺を歩いて回りました。山の上まで上ったり、トンネルを抜けお寺の建ち並ぶ坂道を下りましたが、上り坂を引き返すのが億劫でそのま進み佐藤義美記念館のところを通って一回りして河川公園に戻ってきました。その距離2.5Km、少々疲れました。結局山手橋は見つからず。

明正井路長瀬水路橋は大分の岡崎様に教えて頂いた山道をこれまた徒歩で挑戦です。行けども行けどもそれらしきものは見当たらず、結局1Km以上進み、ついに道がなくなったので引き返す途中、右下に明正井路が見えました。来るときには見えない角度でした。

大分市の夕舟橋付近の無名橋では、夕舟橋のところに車を止めて徒歩500mくらいは覚悟していましたが、意外に近いところにありました。

上坪井路立石水路橋は水路橋ですので、多少の山登りは覚悟していましたが、ラッキーなことに道路から見える近いところに架かっていました。この上坪井路が道路を横断する部分の中を覗いてみると、立派な合掌桁橋で、これまたラッキーでした。

熊本の宮川さんからの情報で、臼杵市久木小野の石造アーチ橋を確認し、ついでに川野茂太郎さんの生家を訪れました。上坪井路立石水路橋に行く途中、石造アーチを使った目を引く建造物がありましたので、尋ねると石工原田一太郎さんの家でした。娘さんといわれる方に教えて頂きました。

11基追加で、累計1,384基となりました。