石橋・眼鏡橋・太鼓橋・石造アーチ橋
田の神・庚申塔・仁王像

  2018年の石造アーチ橋の新規発掘数は0基.。また途絶えてしまいました。また、寄せられた情報により確認した石橋も0基。
 「やわらちゃん」の名付け親、M新聞の元記者、S氏から頂戴した「石橋ハンター」の名前を返上しなければ・・・。
 現在田の神や仁王像、青面金剛等の石造物、風景等を追いかけながらついでに石造アーチ橋を探し回っています。見つからない時の落胆を和らげるためでもあります。
 現在約8,100基を掲載していますが、そのうち新規発掘の石造アーチ橋は約100基で約1.3%にすぎません。平均すると、70基訪ね回ってようやく1基新発見につながることになります。そう考えると情報なしで見つけた100基という数字は驚異的な数字だと言えないこともありません。
 経験を積むと、道路を走っていても下を川が流れている場所がわかるようになります。いままで通ったことのない道路を走ることが、また一つの楽しみでもあります。
 今年も、これまでの経験を生かして、多くの埋もれた石橋に日の目を見させることを目標としたいと思います。

 また、これまで道中で見かけた田の神・庚申塔・仁王像、風景等も掲載しておりますのでご覧ください。


兎谷渡石橋
宇佐市院内町小野川内



仮屋の田の神
志布志市有明町野井倉 仮屋



跡江の庚申尊
宮崎市跡江


池の観音の仁王像
唐津市相知町平山上


イプシロン3号機打上げ
宮崎市新別府町 宮崎港より