5.尾白江庚申供養灯籠

2016.07.23

1.青島の日の出 2.薩摩国分寺跡 3.菅原神社の馬頭観音 4.菅原神社参道橋 5.尾白江庚申供養燈籠 6.久見崎ハマボウ自生地 7.久見崎の田の神 8.浄鏡寺跡仁王像 9.江ノ口の田の神 10.枚聞神社の庚申塔 11.丸尾の滝

薩摩川内市尾白江(おじろえ)町




尾白江庚申供養灯籠 市指定文化財
「この灯寵は、寛文十三年(1673)正月、尾白江嶋郷の庚申講中によって造立されたものである。
 現在は、火の神として、地元の消防団が毎年おまつりをしていて、この地区では今でも庚申講の風習が残っている。
 いい伝えによれば、昔この嶋郷集落に大火があった。必死の消火もむなしく、火勢ますますつのるばかりで手のほどこしようもなかった。こうなれば、神さまのお助けにすがるしかない。思い余った住民が庚申堂に駆け込み、集落を大火から守ってくださいと祈願した。ところが不思議や、あれほど猛威をふるった火勢もおさまり、まもなく鎮火した。
 これこそ庚申さまのお助けだと住民こぞって感謝し、きっそく石灯籠を造って庚申堂に寄進したもので、それからこの庚申堂を火の神としてあがめるようになったという。」

薩摩川内市教育委員会
道路脇に案内板と石灯籠

庚申灯籠です

庚申の文字は読めます
6.久見崎ハマボウ自生地へ