6.久見崎ハマボウ自生地

2016.07.23

1.青島の日の出 2.薩摩国分寺跡 3.菅原神社の馬頭観音 4.菅原神社参道橋 5.尾白江庚申供養燈籠 6.久見崎ハマボウ自生地 7.久見崎の田の神 8.浄鏡寺跡仁王像 9.江ノ口の田の神 10.枚聞神社の庚申塔 11.丸尾の滝

薩摩川内市久見崎町




久見崎ハマボウ自生地 市指定文化財
「ハマボウは、神奈川県以西の海水と淡水が入り混じる、河口付近の塩湿地に育ちます。
 アオイ科の落葉低木で、六月下旬〜七月中旬にかけて直径五センチほどの、淡い黄色のハイビスカスに似た花を付けます。
 このハマボウ白生地内には、ヨシやガマといった植物もあります。
 ここ久見崎は、慶長の役(1597)の時には、島津軍の船団が置かれ、水上交通の拠点として大いに栄えました。
 港の様子は、河川改修のため大部分は埋め立てられて、水門と石垣の一部が残るだけになっています。」

平成12年9月
薩摩川内市教育委員会
案内板に従ってきました

ヨシやガマ

黄色い花が残っています
7.久見崎の田の神へ