石橋巡り
(2011年9月4日)

宮崎市〜高岡町〜国富町


1.寺の田の神 2.寺の石仏 3.柏原の田の神 4.浮田の田の神 5.中福良の田の神 6.奈古ノ下の石仏 7.小山田の田の神 8.穆佐神社 9.高浜の田の神(北) 10.高浜の田の神(北)2 11.高浜の馬頭観音 12.高岡天ヶ城麓地区武家住宅 13.市来家長屋門 14.安藤家武家門と石垣 15.長野家武家門 16.神崎家武家門 17.御仮屋跡 18.河上家武家門 19.武家門 20.嵐田の田の神 21.嵐田神社 22.長嶺の田の神(石碑) 23.栗下の田の神 24.余り田観世音 25.妙円寺跡石塔群 26.的野の馬頭観音


 田の神は「春の彼岸に山の神は里に降りて“田の神”となり、秋の彼岸に収穫が終わると再び山に登って“山の神”となる。この山の神は、田の神となりたまう神で、きこりや猟師のための神ではない。」
 今年、田の神巡りを始めたのは田植えの終わった6月。今や稲穂が黄金色に実る9月。もうすぐ収穫が終わり、再び山に登られる時期が来ました。精力的に田の神を求めて巡ってきましたが、どうも田の神に呼ばれたからではないかと思えてなりません。