石橋巡り
(2011年8月6日)

霧島市〜姶良市


1.華林寺墓地 2.紫尾田の田の神 3.古城の田の神像 4.祝儀園の田の神 5.石原の田の神 6.新中公民館の田の神 7.岩下八幡神社仁王像 8.西之原公民館の田の神 9.加治木郷土館の田の神 10.加治木郷土館の仁王像 11.加治木郷土館の鬼神面 12.加治木郷土館の庚申石灯籠 13.西田の田の神 14.寺師の田の神 15.久末の田の神 16.下久徳の田之神 17.小浜の田の神 18.早鈴神社の田の神 19.埒谷川橋梁 20.埒の田の神 21.清武温泉 22.竪神社田の神


 石橋に期待しながらの田の神巡りです。
加治木郷土館の神官型田の神の解説には
「このような衣冠束帯または狩衣の神像型の田の神は、鹿児島県では旧国分市・姶良郡・大口市を中心に約四十体あり、元文五年(1740)頃から作られたと思われる。宮崎県小林市では、既に二十年前には作られており、それが本県へ伝えられたようである。」
とあり、ますます興味が深まりました。
 田の神のお陰で、隼人町で煉瓦アーチにめぐりあいました。また、この煉瓦アーチのお陰で埒の田の神にめぐりあいました。