1,051
48.筏場
眼鏡橋
2010.03.28


1.厳島神社神殿石橋 2.甘木水町の石橋 3.甘木二日町の石橋 4.甘木横内の石橋 5.久光の石橋 6.みわふれあい広場西橋 7.みわふれあい広場東橋 8.朝倉市大庭の桜 9.長渕の石橋 10.古毛石橋 11.古毛老松神社参道橋 12.旧さくら橋 13.愛宕社参道橋 14.愛宕社庚申塚前の石橋 15.西宗寺門前橋 16.西宗寺門前東の橋 17.須賀神社参道橋 18.久喜宮小学校西門石橋 19.弓立神社参道橋 20.弓立神社桁石橋 21.弓立神社池小橋 22.弓立神社参道口橋 23.弓立神社南橋 24.弓立神社南小橋 25.杷木神社日露戦役記念碑前石橋 26.川籠石天満宮参道橋 27.荒瀬橋 28.高御魂神社石橋 29.諏訪神社神池橋 30.浮羽町馬場の桜 31.葛籠棚田 32.三寺拂のアーチ橋 33.浮羽町分田の風景 34.浮羽町分田の桜 35.尻深水路橋 36.尻深の石橋 37.尻深の小橋 38.小椎尾神社境内橋 39.女子尾山不動尊境内橋 40.女子尾山不動尊お堂前橋 41.女子尾山不動尊口橋 42.天祖神社参道橋 43.杭戸の石橋 44.杭戸上石橋 45.杭戸上小橋 46.杭戸公民館西橋 47.白手橋 48.筏場眼鏡橋 49.玉垂神社参道橋 50.玉垂神社参道口橋 51.大原のしだれ桜


日田市高井町筏場(いかだば

橋長:9.0m
橋幅:2.7m
径間:7.8m
拱矢:4.2m
架設:文化3年(1806)




筏場眼鏡橋
「江戸時代の文化三年(1806)に架けられたこの橋は、大分県内で現存する最も古い石造アーチ橋である。
 橋の高欄は失っているが橋脚はよく残っており、全長9m、幅2.5m、高さ6.4mのきれいな半円形を描いている。
 旧上野村安心院家の文書の中には、当時筑後街道の整備をおこなっていた代官羽倉権九郎にあてた工事請負証文が残っている。それによれば、高瀬筋の庄屋たちが、日田郡竹田村の石工久治と五郎吉に依頼して造ったもので、この橋を架けるのに延400人の人手と石材九十本が使われたことがわかる。
 江戸時代の重要な交通路であった筑後街道の様子を偲ぶことができ、夜明の小月橋とともに当時の建築技術の高さがうかがわれる。」

日田市教育委員会
5年半ぶりの訪問

上流側

拱頂部

下流側

右端:筏場眼鏡橋、左端:白手橋
49.玉垂神社参道橋へ