石橋巡り
(2008年11月24日)

滋賀県日野町〜安土町〜徳島県鳴門市


1.正法寺境内橋 2.金峯神社参道橋 3.金峯神社東橋 4.金峯神社権現の瀧前橋 5.勝手神社前橋
6.仁本木綿向神社参道橋 7.馬見岡綿向神社参道太鼓橋 8.馬見岡綿向神社参道西橋
9.馬見岡綿向神社参道東橋 10.馬見岡綿向神社安平稲荷神社参道橋 11.馬見岡綿向神社庭園壱の橋
12.馬見岡綿向神社庭園弐の橋 13.馬見岡綿向神社庭園参の橋 14.馬見岡綿向神社庭園南橋
15.馬見岡綿向神社小川一本橋 16.永福寺門前橋 17.諸木神社参道橋 18.奥石神社北参道橋
19.奥石神社東池南橋 20.奥石神社東橋 21.奥石神社東池西橋 22.奥石神社東一本橋
23.奥石神社東入口橋 24.奥石神社庭園北橋 25.奥石神社庭園中橋 26.奥石神社庭園南橋
27.奥石神社参道橋 28.奥石神社南池北橋 29.奥石神社南池南橋 30.大鳴門橋
31.ドイツ村公園の石橋 32.メガネ橋 33.メガネ橋横橋 34.ドイツ橋


 友人たちは昨日アグリパーク竜王に日野菜を買いに出かけましたが、売り切れのため、今日の入荷分を予約し今朝の10時にもう一度訪ねるという。なんとラッキーなことか、ちょうどその辺を回り残していたため、今朝も一人で6時出発、腹いっぱい回ってアグリパーク竜王で10時に落ち合いました。
 天気は雨に変わり、一路大阪の友人宅へ。昼食をご馳走になり、大阪を15時に出発しました。U特派員が四国経由で帰ろうと提案、山陽自動車道を走るよりも距離的には300Km弱短いが、時間は2時間ほど余計にかかります。しかし、ついでに鳴門市のドイツ橋に立ち寄ることができるので、大賛成。一路四国へ渡りました。ドイツ橋は下準備が不足していて、正確な場所もわからないまま、ドイツ館を目指しました。途中で「ドイツ村」の看板が目に留まり、橋があるなら「館」より「村」だろうということで、ドイツ村に向かいました。ドイツ村公園に一基石橋がありましたが、記憶ではもう1基あるはずと、近くにおられた方に尋ねると、大麻比古神社を教えていただきました。
 大麻比古神社に着いたときにはすでに辺りは暗く、とにかく本殿の方へ進みました、幸いに参拝客がおられたので「ドイツ橋」のことを尋ねると、本殿の裏手にあるということでした。暗い中を歩いていくと、2連のアーチ橋が池に架かっていました。
 満足して帰ろうとしましたが、案内板が「メガネ橋」と「ドイツ橋」の2本立っていることに気付き、今見たのは「メガネ橋」、それならば「ドイツ橋」は別にあるはずと、真っ暗な山道を進みました。普段ならば、怖くてとても進むことはできないでしょうが、とにかく「ドイツ橋」に会うために必死で進みました。途中、鹿の鳴き声みたいな声が聞こえ、不気味な山道でしたが、やがて目指す「ドイツ」が暗闇に姿をあらわしました。