3,163
12.老神神社境内橋

2008.01.06



1.今山八幡宮参道橋 2.天翔大橋 3.鶴の平橋 4.谷城橋 5.上川井野桁橋 6.夕尺橋
7.谷村家の石橋 8.古閑迫の橋 9.門前川眼鏡橋 10.木倉の橋 11.中道橋



人吉市老神町

橋長:3.9m
橋幅:0.9m
2径間桁橋




「老神神社は霧島神社を勧請したと伝えるが、創立年代は不明。現在の本殿は、江戸時代のはじめの寛永5年(1628)人吉藩主相良長毎とその子頼尚によって相良氏一族の産宮として再興されたもの。拝殿および神供所は元は茅葺きの鍵屋になっていたものを、近代に切り離したもの。
 藩主の産宮として造営されたため、漆塗り、彩色を施した豪華な造りに加えて、嵌め板等の細部にこの地方特有の意匠が見られ、球磨地方を代表する江戸時代前期の神社建築として価値が高い。」
拝殿横の弁財天前に架かっています

側面

側面

奥から

下部

上部

本殿の彫刻

1月6日のトップページへ