石橋巡り
(2007年11月17日〜18日)

NHK番組「熱中時間」収録最終週
日向市〜北方町〜北郷区〜西郷区



(17日) 1.馬溝眼鏡橋 2.小中尾橋 3.入下橋 4.芝居谷橋 5.長谷古橋
(18日) 6.チェックポイント 7.去川のイチョウ 8.道標 9.様ヶ野橋 10.蕨ヶ野橋



 NHKの「熱中時間−忙中趣味あり−」収録最終週は、いよいよ新規探索です。ここで新規が見つかると番組的にも盛り上がるのですが、さて当方には大きなプレッシャーがかかっています。ディレクター氏からは前もって探すことをきつく禁じられており、見つからなくても石橋巡りの楽しみが伝えられればいいというディレクター氏の意気に感じ、神にもすがるような気持ちでいかに発見の確率を上げるかに集中。しかし、この2日間でピンポイントにその場所にたどり着くことがいかに難しいかということは言うまでもありません。
 初日は予定変更で再び小中尾橋で収録したいとのこと。こちらも予定変更して、近くの国道388号線、北郷区を探すことにしました。なんとそこで新規発見、信じられないことでした。
 翌日も新規探索。前日の発見で気が楽になったことは事実で、そのことが結果的にもう1基の発見につながったのだと思います。自分としてはまず国道10号線、高城町を探したかったのですが、ディレクター氏はもう一つの候補地、国道268号線の野尻町から探してくれ、と言われます。後で理由を尋ねると、自分の口ぶりから、どうも高城町にあるような気がした、ということでした。
 様ヶ野橋を撮影し、いよいよ国道10号線を探索。様ヶ野から300mほど南下すると、左手が開けている場所を通過、もし川が横切っていれば石橋がある可能性は大です。
 車を止め、下を見ると川が流れていますが、大きなコルゲートパイプが見えました。当然ですが道路改良がなされているようです。川床まで降り、暗闇で先が見えないコンクリートアーチの中を懐中電灯で照らしながら進むと、前方にかすかに縦と横のスジが見えました。なんと、下流側に石橋が残っていたのです。
 下流側から見る石橋は巨大で、壁石からは大きな杉も生えており、かなりの年月が経っていることがわかります。石橋発見の喜びよりも、見つかったことが信じられず、3人ともただ呆然とするばかりでした。
 今回のロケ中、色んな質問をされましたが、今まで深く考えていなかったことが言葉として口に出たり、新鮮な発見もありました。
 Kディレクターと、Kカメラマンには収録中色々お世話になり有難うございました。事故なくロケが終了したことに感謝します。