石橋巡り
(2005年11月23日)

小国町〜日田市〜九重町〜宇佐市〜国東半島



1.通浄橋 2.下城の大イチョウと下城の滝 3.梅林湖 4.高取谷水路橋 5.三日月の瀧
6.光徳寺門前橋 7.竜門の滝 8.宝八幡宮 9.R387沿いの紅葉 10.西椎屋の滝
11.旧桂懸井路社ヶ谷水路橋 12.富貴寺 13.並石ダム 14.両子寺 15.田原若宮八幡宮



 大分県の石橋で岡崎文雄様が公表されている石橋のうち、未訪問は残すところ3基となりました。

 天瀬町の高取谷水路橋と宇佐市の社ヶ谷水路橋は過去2回挑戦しましたが、到達できず。九重町の妙見社車橋は宝山山頂にあるということで機会を伺っていました。

 今回は一気に片付けようと計画し、午前1時半出発。道の駅小国で仮眠をとりました。
小国町で幼少時代を過ごされ、現在三重県にお住まいの谷様から「小国町宮原殿町に有る善正寺山門前の橋も確か石橋だったと思いますよ。」という情報を頂いていましたので、まず善正寺を探しました。門前に立派な石橋が架かっていました。

 次に天瀬町の高取谷へ向かいました。道なき道を谷底へ降りてようやく到達できました。九重町の妙見社車橋は宝八幡宮から宝山を890m登ったところにあります。「あと415m」の標識があるところであえなくリタイヤ。ダイエットが急務です。

 宇佐市の旧桂懸井路社ヶ谷水路橋へのルートは、以前から岡崎文雄様よりアドバイスを頂いておりましたが、宇佐市教育委員会文化課の佐藤様より昨日地図が届いたこともあり、即決行しました。お蔭さまでようやく到達することができました。