石橋巡り

緒方町〜三重町〜野津町〜大野町
(2003年12月13日)

前回、緒方町は長瀬橋までだったのですが、今日はその先を訪問です。



柚木寺原(ゆぎてらばる)橋 大野郡緒方町柚木

橋長:53m
橋幅:3.7m
径間:16.3m
架設:昭和3年
連数:3
石工:高瀬笹一


今回は午前4時出発しました
ようやく日が昇る頃

県道7号線を長瀬橋より1.3km位先にトンネルあり。手前の3差路(柚木入口バス停)を柚木方向に約1.3km先右手。




亀甲(かめのこう)橋 緒方町冬原

徳田川
橋長:15.5m
橋幅:4.0m
径間:11.0m
拱矢:4.0m
架設:大正13年

ここにはまだお日様が当たっていません

国道502号線緒方町から県道7号線へ約6.3km行くと「米山」バス停。左折するとあります。
仮屋津留(かりやづる)橋 緒方町徳田 米山

橋長:9.0m
橋幅:3.4m
径間:7.0m
拱矢:3.9m
架設:大正6年

亀甲橋からUターンし、県道419号線に入り約300m、左下に鋭角に下るとあります。
原尻眼鏡橋緒方町 

橋長:73m 
橋幅:4m 
径間:13m 
架橋:大正12年(1923) 
石工:川野茂太郎

緒方川のゆったりとした流れの中に架かる5連アーチ橋。
朝日を浴びています
softly as in a mornig sunrise

国道502号線から、県道7号線へ。左手に道の駅原尻あり、その先左手。





穿岩(ほげいわ)橋 三重町中津留

橋長:21.7m
橋幅:3.5m
径間:19.4m
拱矢:5.6m
架設:大正15年

大きな穴穿げ岩が2箇所あります

国道502号線清川村から県道45号線へ。県道706号線との分岐点から約4Km先、ほげ岩停前。




中央橋 三重町中津留

橋長:17.4m
橋幅:3.4m
径間:13.7m
拱矢:4.6m
架設:大正15年

穿岩橋より約2km先、稲積水中鍾乳洞の入口に架かる橋です

妙見(みょうけん)橋 三重町中津留

橋長:22.5m
橋幅:3.0m
径間:19.0m
拱矢:4.0m
架設:昭和2年


国道502号線清川村から県道45号線へ。県道706号線との分岐点から約8Km先、妙見バス停前。




障子岩(しょうじいわ)橋 三重町久部

橋長:23m
橋幅:3.6m
径間:20.2m
拱矢:4.3m
架設:大正12年

色調が最高です。

妙見橋から約2Km。分岐を右(左に行くと宇目町方面、梅津越えですのでくれぐれもお間違えなく。私は間違えました)、県道688号線へすぐ左に郵便局。県道と平行して架かっています。





轟木(とどろき)橋 三重町伏野 内平

橋長:38.5m
橋幅:3.3m
径間:25.6m 8.1m
拱矢:4.5m 2.7m
架設:昭和4年5月
2連
石工:井上為吉

国道502号線清川村から県道45号線へ。県道706号線との分岐点から約2.5Km先、大師堂バス停前。




柳橋 清川村 三重町伏野

橋長:28.4m
橋幅:3.8m
径間:21.2m
拱矢:7.6m
架設:大正9年

国道502号線清川村から県道45号線に入り、県道706号線と交差する手前にありますが、現役ばりばりの橋なのでその上を走っていると気づきません。
 逆方向から走ると下り坂右下に見えます。
虹澗(こうかん)橋 三重町

橋長:31m 
橋幅:6.5m 
径間:25.2m 
架橋:文政7年(1824)

野津町との境界の三重川の深い谷間に架かる単一アーチ橋。3年半の工期で完成したが、架橋に私財を投じた臼杵の甲斐源助、三重の多田富治、後藤喜十の3豪商は架橋後没落したと伝えられている。

国道326号線三重町より分岐して国道502号線を臼杵方面へ約2.5Km。新虹潤橋を左折。





仮屋(かりや)橋 野津町野津市 竹下
野津町有形文化財

橋長:29.3m
橋幅:3.2m
径間:23.2m
拱矢:7.8m
架橋:大正6年(1917年)

国道10号線大分より延岡方面に向けて野津町で野津中を過ぎ、国道502号線との分岐より約100m先左手。
戸上(とのうえ)橋 野津町西寒田

橋長:53m
橋幅:3.8m
径間:24.1m 16.0m
拱矢:7.5m
架設:明治43年3月

安政橋より国道10号線を約10Km北上。戸上小手前左側に国道の橋と平行に架かっています



記念すべき100HITです!

河屋(ごうや)橋 大野町後目


橋長:21.4m
橋幅:3.0m 
径間:14.2m 
拱矢:6.2m

架橋:明治37年

犬飼町より国道57号線を竹田方面へ。大野町に入り約1Km左手。

藪に覆われていますので、これが精一杯の写真です。




茜(あかね)橋 大野町杉園 茜

橋長:24.8m
橋幅:3.8m 
径間:9.6m 
拱矢:4.0m

架橋:大正12年(1923)

河屋橋より国道57号線を竹田市に向けて約4Km。東部小学校前を左折。